ニキビ跡を治すのに効果的と口コミやSNSでも人気のデューテですが、乾燥肌も治すことができるって本当なのでしょうか?

デコボコ肌のクレーターや黒ずみや炎症を抑え、ニキビ跡のないみずみずしい肌を手に入れることができると評判のデューテですが、デューテは乾燥肌を治す効果もあります。

肌が乾燥しているとニキビやニキビ跡ができやすくなるだけでなく、シミやしわ、たるみなどの様々な肌トラブルの原因となるので、デューテで治すことができるなら、試してみたいですよね!

本当にデューテで乾燥肌を治すことができるのでしょうか?

乾燥肌に効果がある成分についても調べました。

表面の保湿じゃダメ!大事なのは保水力

とりあえず肌表面だけを潤わせればいいといくら化粧水を塗ったところで、肌の水分を保持する保水力がなければ、すぐに蒸発してしまい、また乾燥肌に戻ってしまいます。

保水力とは肌が自ら水分を作り出し、外側から補給した水分が蒸発しないように肌の内部で維持することができる力のことを言います。

この保水力は年齢が若い時や肌刺激をあまり受けていなければ、加齢するとともに徐々に保水力は落ちていってしまうので、自分で水分を作り出す力や化粧水を塗ってもすぐに蒸発していってしまうのです。

デューテにはニキビ跡だけでなく、乾燥肌を改善するのに大事な保水力を高めることができるWトレハーコラーゲンが配合されています。

あまり聞いたことがない名前の成分ですが、乾燥肌を改善できるほどの効果はあるのでしょうか?

Wトレハーコラーゲンって?

コラーゲンは肌細胞の7割を占めるとされており、コラーゲン組織が正常に働いていると水分の吸収力を高めることができます。

また、トレハロースには水分の蒸発を防ぐ作用があり、保水できることで肌のターンオーバーが活性化、ハリのある肌をキープすることができます。

このコラーゲンとトレハロースをブレンドした独自保湿有効成分をWトレハーコラーゲンといいます。

トレハロースの保水力の高さは美容業界だけでなく、医療業界からも注目されているほどの効き目があります。

Wトレハーコラーゲンに含まれているコラーゲンはただのコラーゲンではなく、加水分解コラーゲンといい、普通のコラーゲンよりも保湿力が非常に高い優秀な美容成分なのです。

普通のコラーゲンと加水分解コラーゲンがどれだけ水分の吸収力が違うのかも医学的にも検証されていますが、明らかに普通のコラーゲンよりも加水分解コラーゲンのほうが水分を吸収されていることも証明されています。

これだけ効果的な成分が配合されているデューテだからこそ、ニキビ跡だけでなく、乾燥肌にも効果がありのですね!

浸透力をアップさせるデューテの独自技術とは?

しかし、どんなに高保湿な成分が配合されている化粧水でも、浸透力がなければ肌に吸収されることはないので、いくら塗っても乾燥肌を治すことはできないですよね。

デューテには有効成分の浸透力をアップさせるために、「ラメラーヴェールケア」を採用しています。

デューテに含まれている各成分の浸透力・吸収力をアップできる割合に配合されている独自技術なので、どんな重度な乾燥肌で悩んでいる方でも、昔のようなすべすべの潤いあふれる肌へと導いてくれます。

炎症ケアの作用もあることから、少しのことで肌トラブルを起こしやすい敏感肌の方でも安心して使用できるのも大きなポイントですね!

ニキビ跡化粧水としてデューテは販売されているので、乾燥肌には効果がないと思っていた人も、乾燥肌にこれだけ効果的な成分が配合されているデューテなら保湿効果も期待できますね!

ニキビ跡のそもそもの原因は乾燥肌から起こっていることもあるので、ニキビ跡も乾燥肌もデューテで同時に治してしまいましょう!